神田胡蝶ブログ   |    リンク   |    お問い合わせ   |    トップページ
草履ができる迄

草履ができるまで

草履の部位

   

草履の部位図

型抜き機で表側となる皮革を裁断する。
装飾部分の「半月」や花緒を裁断。
皮革を剥いて薄くし、草履の芯に馴染みやすくする。
草履のできるまで
草履のできる迄
草履のできるまで
コルクの草履芯を一旦 分解する。
コルク芯に巻く側面部分の「巻」に糊付け。
コルク芯の側面にも糊づけ。
草履のできるまで
草履のできるまで
草履のできるまで
コルク芯に「巻」を付ける。
天芯(上面の天の中)を削って調整。
天芯とスポンジを合わせる。
草履のできるまで
草履のできるまで
草履のできるまで
天の皮革を貼付ける。
ローラー機で天の角に丸みをつける。
台を重ねる。
草履のできるまで
草履のできるまで
草履のできるまで
底を抜く。(芯の重さを軽減する)
底のクローム皮と天に糊付け。
台と天を遠赤外線に当て接着性を高める。
草履のできるまで
草履のできるまで
草履のできるまで
遠赤外線から出し、台と天を合わせる。
底のクローム皮を裁断して調整する。
台の仕上げをおこなう。
草履のできるまで
草履のできるまで
草履のできるまで
花緒を通す穴を天にあける。
花緒を縫製する。
花緒をすげる準備が完了。
草履のできるまで
草履のできるまで
草履のできるまで